水生生物調査~たくさんの魚との出会い~


こんにちは。
佐賀環境フォーラム学生スタッフの高田 佳織です。
6月26日(日)に水生生物調査を実施しました。

初めに30分ほど講義を行った後、バスで3か所を巡り各班に分かれて調査を行いました。
学生も一般の方も多数参加されておりました。

はじめに、佐賀県立牛津高等学校で指導教諭をされる中原 正登 氏に講義を行っていただきました。

s_DSCF0295cut

講義タイトルは「佐賀平野における魚類と多様性と特殊性」。
日頃はあまり気にかけていなかったのですが、魚は一見特徴が似ていても全く違うものが多いのだと改めて感じました。
正直、クイズに出されたメダカとカダヤシの違いはさっぱりでした…

IMG_9879

講義が終わるとすぐにバスに乗って移動。

IMG_9888

私は5班の方々と調査を行いました。
各地点で前もって設置しておいた罠の中を見てみると・・・

・・・予想以上に大漁!

第1地点(鍋島町蛎久)では特にヌマエビが多くて、とても数え切れませんでした。
たくさんとれるのが楽しくて、時間いっぱいまで網で水中を探っていました。

たくさんの魚が入っていました!

たくさんの魚が入っていました!

観察しながら種類を同定

観察しながら種類を同定

他の班の様子

他の班の様子

他の班の様子

他の班の様子

全体の様子

全体の様子

アリアケスジシマドジョウ

アリアケスジシマドジョウ

第2地点(多布施川 丸川の井樋)ではなんと珍しいオヤニラミが。
特徴的な胸鰭(むなびれ)近くにある斑点を見ることが出来て嬉しかったです。

オヤニラミ(環境省レッドリスト・絶滅危惧I類(VU))

オヤニラミ(環境省レッドリスト・絶滅危惧I類(VU))

IMG_0062

IMG_0078

第3地点(赤松公民館)では流速が遅いということでメダカやタナゴなどがたくさんいました。
中には珍しいニッポンバラタナゴも。
ついつい夢中になるあまり、最後の方ではアブラボテやオイカワの特徴を覚えてしまったほどでした。

s_DSCF0331

上がニッポンバラタナゴ、下がカワバタモロコです。

ツチフキ

ツチフキ

IMG_0123

IMG_0142

全ての地点での調査が終了し、中原先生に再びまとめの講義を行っていただきました。
場所によりとれる魚が違うということは魚の多様性、つまり水辺環境が多様である証拠と先生はおっしゃっていました。

IMG_0161

今回調査した水辺は人が作り出してきた佐賀市の貴重な財産。
しかし、最近の開発によりこうした財産は減りつつあります。
将来にもこの豊かな多様性を受け継いでいく努力をしなければ、今日の調査で出会った魚たちは私たちの前からいずれ姿を消してしまうかもしれません。
この貴重な宝物を守っていかなければならないと実感した調査でした。

水生生物集計結果

水生生物集計結果

写真:秋山高田