第6回ボランツーリズムin壱岐に参加しました!


こんにちは!学生スタッフの糸山です。
7月2,3日の二日間「ボランツーリズムin壱岐」に参加しました。
「ボランツーリズムin壱岐」について詳しくはこちらをどうぞ↓
https://www.facebook.com/events/1576778452652829/
(Facebook上のページです)

1日目。
壱岐、辰の島にて海浜の清掃活動を行いました。
辰の島は緑の多い、エメラルドグリーンの海に囲まれた美しい無人島です。
(当日の海は少し濁り気味でしたが、晴れた日には海底が見えるほど透き通ったとてもきれいな海だそうです)
砂浜の砂は貝のくずでできてるそうです。

辰の島の海岸

辰の島の海岸

清掃活動には大学生・高校生・一般参加の皆さん・チーム防人の皆さんなど総勢約300人が参加しました。
海岸に流れ着いたごみの多くは漁業の用具などの発砲スチロールが目立ちましたが、ほかにも韓国語や中国語表記の生活用品と思われるゴミ、日常でもよく見かける商品の空き缶など、多種多様なゴミが流れ着いていました。
細かくなりずぎて拾えなくなっている発砲スチロールを見たときは何とも言えぬ気持ちになりました。

漂着ゴミの空き缶

漂着ゴミの空き缶

海浜清掃が終わった後は有名な猿岩へ寄った後そのすぐ近くの宿泊施設「出会いの村」にて交流会を兼ねた海鮮バーベキューをいただきました。
サザエのつぼ焼きやタイの蒸し焼き、焼きそばなどなど、どれもすごくおいしかったです!

壱岐出会いの村で海鮮バーベキュー

壱岐出会いの村で海鮮バーベキュー

二日目の朝は壱岐市立一支国博物館にてワークショップを行いました。
初めにそれぞれの地区から『各地区事例発表』を行いました。

一人目の発表者は福岡地区の九州大学工学部コウ・ジョエンさん。
対馬で行われた日韓市民ビーチクリーンアップについてや季節風によるごみの漂流についての発表でした。
細かくなって回収できなくなった発砲スチロールについての話では、昨日の拾いきれなかった小さな発砲スチロールの破片のことを思い出しました。

九州大学工学部コウ・ジョエンさん

九州大学工学部コウ・ジョエンさん

二人目は佐賀地区の「学生団体 エコっぷ」の代表 池本沙輝さんと、「えこいく」こと、「佐賀環境フォーラム 環境教育班」のリーダー 堤悠一郎さん。

エコっぷは今年結成されたばかりの新しい団体です。
体験型環境教育を取り組んでおり、最近では料理+エコのコラボレーションであるエコクッキングを開催しておられます。

13603724_991584910936957_5651437814471418172_o

えこいくの堤さんは有明海の干潟について熱く語ってくださいました。
ちなみに有明海は壱岐島12コ分の広さだそうです!
(えこいくの活動については環境フォーラムHPをチェックしてみてください!
http://saga-kankyo.jp/category/report/ws/ecoiq/

「えこいく」リーダーの堤 悠一郎さん

三人目は長崎地区、「ながさき海援隊」の代表 山下清志郎さん。
長崎県内の海浜清掃に参加・主催をしておられます。
また、様々な場所でプレゼン・ポスター発表を行い啓発活動に努めていらっしゃいます。
今回の海浜清掃ではInternational Coastal Cleanup(ICC)の活動の海ゴミ調査を行っておられました。
今の目標は清掃の参加者を増やすこと、長崎県北部にも清掃・啓発を増やしていくこと、Facebookでの「いいね!」を500コ増やすことだそうです。

「ながさき海援隊」代表の山下清志郎さん

「ながさき海援隊」代表の山下清志郎さん

最後は壱岐島のNPO法人壱岐島おこし応援隊「チーム防人」の代表 中山忠治さん。
壱岐の町のPR、活性化、環境の保全をしておられます。
お話の中で出てきた「拾う人は捨てない」という言葉にはとても心打たれました。

NPO法人壱岐島おこし応援隊 「チーム防人」の代表 中山忠治さん

NPO法人壱岐島おこし応援隊
「チーム防人」の代表 中山忠治さん

発表が終わった後は海岸漂流物発生抑制対策についてのグループディスカッションを行いました。
その後のグループごとの発表では対策について、分かりやすい看板を立てること、可視化、漁具に船の名前を書くなどなど、たくさんの案が出てきました。

ワークショップ終了後は「鬼の足跡」や「小島神社」などたくさんの観光名所を巡りました。
鬼の足跡はとても急斜面で高いところが苦手な私には少し怖かったですが、海につながる空洞から海が見えるとても神秘的な場所でした。

この後フェリーに乗り博多港へと発ちましたが、もっと島に居たかったなあととても名残惜しく思いました。
またいつか行きたいです。今度はじっくりと色んな所を見て回りたいです。

今回、チーム防人の皆さんには船着き場にてお出迎えやお見送りをしていただいたり、バーベキューで新鮮な海産物などをたくさんごちそうしていただいたり、二日目のお昼のカレーを用意していただいたりしました。
本当にありがとうございました。
また、今回のボランツーリズムでたくさんのことを学ぶことができました。
自分自身、福岡の内陸の方の出身なので海のことなどは本当に知らないことが多く、新しく知ることばかりでとても新鮮な二日間でした。

左京鼻をバックに壱岐の鬼凧(おんだこ)と参加者全員で記念写真

左京鼻をバックに壱岐の鬼凧(おんだこ)と参加者全員で記念写真