7/15 回収した自転車の再生活動へ


佐賀環境フォーラム「チャリツーリズム班」にインターフェース科目履修生として参加している吉村、田添と西牟田です。
私たちは7月15日(水)午後、佐賀大学の学生団体「チャリさがさいせい」の方たちと学内で回収された放置自転車の再生をしました。

まず、回収した自転車から使えそうな部品をみつけて取り外し、使えそうなものは自転車の再生に利用し、使えないものは廃棄します。
金属部品はサビを基準に、LEDライトなどは点灯するかどうかを基準に判断します。
実際には利用できる部品は少なく、廃棄することのほうが多いです。
作業中はとても気温が高く、野外での作業なのでかなり体力勝負でした。

回収した自転車から使えそうな前輪を取り出し中のチューブが破れていないか確認するためにタイヤをはずしているところです。
このタイヤは問題なかったので、ほかの自転車の修理に流用することができます。