10/1 えこいく、「さがんなかまつり2017」へブース出展


佐賀環境フォーラム環境教育班『えこいく』にインターフェースのグループ活動として所属している奥田です。
佐賀市市民活動プラザ「さがんなかまつり2017」が10月1日(日)、佐賀商工ビル7Fで開催され、えこいくはチリメンモンスターと干潟の泥体験でブース出展しました。

チリメンモンスターについて知識不足のせいか、初めは先輩に頼ることもしばしば。
しかし、特徴や色により徐々に稚魚を見分けられるようになりました。

多く見かけたチリモンは、タチウオや、タコ、イカやカニのなかま、アジ、カワハギでした。
参加していた子ども達も夢中になってチリメンモンスターを探してくれていて、子ども達にも稚魚を見分ける楽しさを伝えることができて良かったです。

干潟の泥体験では干潟の泥を実際に触らせることで、泥の匂いや感触を直接的に体験してもらいました。
これらの活動を通して、私は改めて生物の多様性を守る大切さを実感しました。

これからもえこいくの活動に積極的に参加して環境の素晴らしさをもっと学び、他人にわかりやすく伝えたいと思いました。

活動紹介中/えこいくリーダー堤