12/19 えこいく公開講座「新しい里山学」~青き清浄の地としての里山へ~開催報告


えこいくは佐賀市市民活動プラザにて12月19日(火)、えこいく公開講座「新しい里山学」を開催しました。
今回の講座では、佐賀大学文化教育学部の教授である中村 聡先生より次世代の里山観についてお話しいただきました。

人間が自然に及ぼす影響は絶大で里山を作って生態系を創り出すのも人間で、工業化してそれを壊すのも人間です。

佐賀には有明海も豊かな田園地帯も森林もあります。
しかし、佐賀も漏れず里山の人口流出による高齢化などのたくさんの問題に直面しています。
それらの問題は一筋縄では解決しないものです。
それでも貴重な自然から恩恵を受け続けるためには、自然と今の時代に即したより良い関係をつくる事を模索していく事が重要であるという事を感じました。

その答えを探す事はある意味SDGsの達成につながるかもしれません。

顧問としていつもお世話になっている中村先生ですが、講義を聴講するのは初めての経験で普段の雑談では聞かないような話も聞けて興味深い内容でした。