食品ロスをテーマに新WSチーム立ち上げに向けて


佐賀環境フォーラム実行委員の秋山です。
4月9日(月)、佐賀大学にて全学教育機構で五十嵐 勉 教授方と顔合わせを兼ねた打ち合わせを行いました。

右は五十嵐教授

内容は、今年度(2018年)から食品ロス(フードロス)をテーマにした新しいワークショップ立ち上げに向けて活動しており、5月から迎え入れる学生の皆さんとどのように調査して活動をしていくかを考えるものでした。

これまで、食品ロス削減についてワークショップありませんでした。
昨年度の佐賀環境フォーラム講義の一つであった「『食品ロス』の現状とフードバンクの取組み」(NPO法人フードバンクかごしま 代表理事 原田 一世 氏)を市民の立場で受講された方が今回、佐賀で食品ロスの現状がどのようになっているか調査し、具体的な活動できないかということで新しいワークショップを立ち上げる運びとなりました。
五十嵐教授には、担当教員としてワークショップの指南をお願いします。

立ち上げるメンバーの皆さん

打ち合わせでは、食品ロスについてリアリティを感じてもらうためにこんな活動をしてみたら面白いのではないかといったアイデア出しや、五十嵐教授から欧米で広がっているシェアリングのエコノミーとしてスマートフォンアプリを活用した「フードシェアリング」について知識を提供していただきながら、とても和やかに話が進みました。

ぜひ、佐賀環境フォーラムにご参加ください。

平成30年度の受講者を募集しています!