3/15 えこいく、創設期の紙芝居作品を発掘す!


3/15(水)、定例会を佐賀大学のいつもの教室で実施。
私も初めて見る、5年以上も眠っていたであろう紙芝居作品が再登場しました。


 

今回の定例会では、来週3/22にブースを出展するために準備する環境教材、リーフレットのデザインを確認し、4月以降の新歓や実施企画について話し合いました。


 

さらに、一通りの話し合いを終えたら、紙芝居の練習です。
えこいくでは、5年ほど前までホタルの観賞会に取り組んでいたこともありますが、観賞会を実施しなくなってから、物置で眠っていた紙芝居作品「ホタルのおねがい」と「ホタルのおんがえし」を掘り出し、練習してみることになりました。

とりわけ、「ホタルのおんがえし」は、活動歴5年の私ですら見たことがないもの。


 

しかし、メンバーが演じている内容を見てみると、主人公の子どもたちがホタルに出会い、家族や近所の人、お友達が一緒になってゴミ拾いを始める、多世代が関わり合うストーリーとなっていて、たいへん興味深いものでした。


 

「ホタルのおねがい」と「ホタルのおんがえし」、これらの2作品が再び活躍するようになればと感じました。


 

ブース出展のお知らせ

3/22(水)、グランデはがくれ(佐賀市)で開催される平成28年度 佐賀市交流連携事業「地域を未来にツナグ新たな出会い」(参加費:無料)へブース出展します。
詳細はこちら→http://www.tsunasaga.jp/plaza/news/plaza-news/008413.html
※ブース出展は、第2部「協働出会いフェスタ」(13:30~16:30)にて。