えこいく、今年度活動の振り返り


ワークショップ環境教育班(えこいく)に、インターフェースプログラムで参加している学生の林です。
これまでの活動で私たちの班は、環境問題について子どもたちと一緒に考え、取り組んできました。

 

えこいく通信

季節ごとに発行するえこいく通信では、その季節にあった環境テーマを取り上げ、私たちの身の回りにある自然環境に対して興味をもってもらえるように頑張りました。

 

鈴虫の音楽会

佐賀大学で行った鈴虫の音楽会では、たくさんの小学生やその保護者の方々と一緒に、鈴虫の鳴き声を楽しむという私たちにとっても季節を堪能できる活動でした。
楽しみながら自然について子どもたちと一緒に考えました。

 

1day合宿

そして、えこいくの中で大きな活動である1day合宿では、北山少年自然の家に行って、環境紙芝居や芋掘り、豊かな自然に囲まれた中でかくれんぼを行いました。
子ども達だけではなく、保護者やボランティアの方、そして大学生の私たち大人が子どもたちと一緒になって、泥だらけになりながら自然と触れあい、日常では中々味わうことのできない体験をすることができました。

 

むすびに

この他にも、子どもたちと一緒に環境について学んでいく機会に恵まれ、環境問題の取り組みについて私たちの世代だけではなく、次世代にも繋げることができたと思います。